主婦マイラーのマイル記録

子持ちANA陸マイラー。2017年に夫がプラチナ達成。私もANA SFC会員に。主婦でもできるマイルの貯め方を紹介しています。

5才児連れシンガポール旅行(13)シンガポール航空のプレミアムエコノミークラスを利用してみました

https://www.singaporeair.com/saar5/images/flying-withus/cabins-pre-economy-class/room-to-stretch.jpg

 

主婦マイラー (@capybaranet) | Twitterです。

今回の旅行は、往復ともシンガポール旅行を利用しました。

行きはゴールデンウィーク初日前日の深夜便だったせいか、お値段が高めだったためエコノミーにしたのですが、帰りはゴールデンウィークの間で、そんなに値段も高くなかったので、プレミアムエコノミークラスにすることに。

というわけで、シンガポール航空のラウンジとプレミアムエコノミーを紹介したいと思います。

 

f:id:chitose11:20190828220818j:image

▲チャンギ空港のチェックインカウンター。

クラスフライヤー・エリート・ゴールド(シンガポール航空の上級会員)、スターアライアンス・ゴールド、プレミアムエコノミークラスの乗客が同じカウンターになってました。

SFC会員であれば、エコノミークラスの利用でもここでチェックインできます。

 

そして、SFCならKrisFlyer Gold Lounge(クリスフライヤー・ゴールド、ラウンジ)が利用可能。

f:id:chitose11:20190829150432j:image

f:id:chitose11:20190829154348j:image

ラウンジで子どもの宿題につきあったので、ほとんど写真が撮れずじまいでしたが、飲茶や軽食類が充実してました。

ドリンクはアルコールも含めてフリー。

あと、前回利用した時もでしたが、かなり空いていました。

 

 

f:id:chitose11:20190829155204j:image

▲今回の飛行機。

 f:id:chitose11:20190829155757j:image

▲プレミアムエコノミーの画面。映像が綺麗でびっくりしました。

f:id:chitose11:20190829155834j:image

▲夫と子どものシート。横から見ると広々しているのがわかりますね。

f:id:chitose11:20190829155922j:image

▲私の足元。身長は162センチなのですが、膝から前のシートまでのスペースがエコノミーと全然違いました。

f:id:chitose11:20190829160024j:image

▲イヤホンではなくヘッドホンでした。

 f:id:chitose11:20190829160412j:plain

▲ビールとナッツ。

 

シンガポール航空のプレミアムエコノミークラスの機内食は、「ブック・ザ・クック」
といって、出発の24時間前まで事前に予約することができます。正直、これが試してみたくてプレミアムエコノミーにしたのです。

「ブック・ザ・クック」についてはコチラをどうぞ。

 

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/flying-withus/dining/book-the-cook/

 

f:id:chitose11:20190829160453j:plain

▲「ブック・ザ・クック」で予約したビリヤニ。シンガポールで食べるインド料理が大好きで、ビリヤニにしてみたのですが、これ、本当に美味しかったです!

 f:id:chitose11:20190829160503j:plain

▲デザートで出たアイスクリーム。

私は、ハーゲンダッツのようなこってりしたアイスクリームが苦手なのですが、このアイスクリームは上品な味でとても美味しかったです。

帰国してから調べたら、なんとリトアニアの高級アイスクリームブランドでした。

 
f:id:chitose11:20190829162323j:image

▲ちなみに、行きのエコノミークラスの機内食はコチラ。

深夜便のためフルーツミールにしたのですが、これも美味しかったです。

 f:id:chitose11:20190829162326j:plain

▲そして、エコノミークラスのキッズミール。こちらは味はかなり微妙でした…。

 

シンガポール航空って機内食は美味しいと思っていたのですが、キッズミールは期待しないほうがいいかもしれないです。

 

 

プレミアムエコノミーは5回目くらいの利用でしたが、一度プレミアムエコノミーを体験してしまうと、正直エコノミーには戻れないなあと思いました。

次回の海外旅行はハワイなのですが、こちらもプレエコで予約してしまいました。

値段は高いですが、帰国後の疲れの残り方が全然違うので、仕事を頑張るためにと割り切れば、高い買い物ではないのかもしれないですね。

 

 あと、今回もこのガイドブックにかなり助けられました。

普段旅行に行く時にガイドブックを購入したりしないのですが、この「ファミリーで行く」シリーズは、子連れのかゆいところに手が届く情報満載で毎回購入しています。

しかも薄くて軽い!子連れなら絶対オススメです。

R19 地球の歩き方 リゾートスタイル ファミリーで行くシンガポール 2017~2018 (地球の歩き方リゾートスタイル)

R19 地球の歩き方 リゾートスタイル ファミリーで行くシンガポール 2017~2018 (地球の歩き方リゾートスタイル)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

他にはハワイとグアム版があります。

 

R05 地球の歩き方 リゾートスタイル こどもと行くハワイ 2020~2021 (地球の歩き方 リゾートスタイル R5)

R05 地球の歩き方 リゾートスタイル こどもと行くハワイ 2020~2021 (地球の歩き方 リゾートスタイル R5)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/07/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
R09 地球の歩き方 リゾートスタイル こどもと行くグアム 2019~2020 (地球の歩き方リゾートスタイル)

R09 地球の歩き方 リゾートスタイル こどもと行くグアム 2019~2020 (地球の歩き方リゾートスタイル)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/03/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る