主婦マイラーのマイル記録

子持ちANA陸マイラー。2017年に夫がプラチナ達成。私もANASFC会員に。主婦でもできるマイルの貯め方を紹介しています。

5歳児連れ香港・マカオ旅 その6 コンラッド香港が素晴らしかった!

f:id:chitose11:20181225135025j:image

夫が、最後はちょっといいホテルに泊まろうと予約してくれたコンラッド香港。

古いけれど素晴らしいと聞いていたので楽しみにしていたのですが、1点を除けば素晴らしいホテルでした!

 

マカオからの船を降りて、直接フォーシーズンズ香港の龍景軒に行くつもりだったのですが、予約の時間まで少し余裕があったので、先にコンラッド香港で荷物を預けてしまうことに。

フォーシーズンズ香港の龍景軒の記事はコチラ。

 

mileage.hatenadiary.jp

 

ホテルに着いたのが12時ごろだったのにもかかわらず、「部屋を用意できるよ!」との案内。

ここのエグゼクティブラウンジが素晴らしいと聞いていたので、追加料金を払ってラウンジ利用を申込み。

チェックインカウンターのお兄さんも「エグゼクティブラウンジは超オススメだよ!」と勧めてきて、高級ホテルギリギリの感じでフレンドリーですごく良かったです。

私は英語が苦手なのでこういったやりとりはいつも夫に丸投げなのですが、子どもとぼんやり待ってたら他のスタッフの方が子どもにキャンディのプレゼントをしてくれたり、遊んでくれたりと、とにかくスタッフが全員フレンドリー。

高級ホテルではちょっとないくらいのフレンドリーさがすごく良かったです。ただ1人を除いては…(後ほど記載します)。

 

f:id:chitose11:20181225135635j:plain

▲こどもがフロントでもらったキャンディ。チェックアウトの時もまたくれました!

 

部屋は確かに古いかなといった感じですが、水回りなどが広いし、何より景色が最高。

これはまた泊まりたい!と強く思いました。

f:id:chitose11:20181225135540j:image

▲部屋までの廊下
f:id:chitose11:20181225135551j:image

▲ベッド


f:id:chitose11:20181225135548j:image

▲洗面台。2つあり広々。
f:id:chitose11:20181225135544j:image

▲バスタブ。香港の中心地にあるとは思えないほどかなり広いです。
f:id:chitose11:20181225135536j:image

 

龍景軒から戻った後はエグゼクティブラウンジへ。

景色を見ながらお茶を飲みつつお菓子をつまんでいたら、カクテルタイムへ突入。

ワインやビールなどのお酒はもちろん、チーズなどのおつまみ、点心やおかゆなどのホットミールもしっかり揃っていたので、晩御飯はここで済ますことに。

エグゼクティブラウンジのスタッフも、子どもに何かと気にかけてくれてとてもフレンドリーで、あまりの居心地の良さに2時間ほど滞在することに。

食事をしながらゆっくり香港の夕暮れと夜景を見ることができ、とても充実した時間を過ごせました。

f:id:chitose11:20181226152016j:image

▲エグゼクティブラウンジ。奥がフードコーナー。
f:id:chitose11:20181226152013j:image

▲エグゼクティブラウンジの景色。
f:id:chitose11:20181226152020j:image

▲朝食の粥。その辺で食べるより美味しかった!

 

次の日の朝、朝食のために部屋を出ると、エグゼクティブラウンジへ向かう夫。

「1階のレストランじゃないの?」と聞くと、エグゼクティブラウンジの方が空いてるからエグゼクティブラウンジでいいよという夫。

朝食は1階のレストランよりエグゼクティブラウンジの方が品数が少ないのに、どうしてエグゼクティブラウンジに行くんだろう?と思いつつ着いて行ったのですが、エグゼクティブラウンジに入って「食べるもの全然ないじゃん!」と驚く夫。

レストランのメニューと同じものがエグゼクティブラウンジで食べられると思っていたそうで…。

実はうちの子、ものすごい偏食で、食べられるものがすごく少ないのです。

香港でも食べるものに困ってマクドナルドやココイチに行ったほど。

夫が受付の人に、下のレストランに移動したいことを告げると、

「一度エグゼクティブラウンジの朝食で受付したから有料になります!」とのこと。

そ、そんな…。

がっかりして席に戻ると、ホールのスタッフが、「どうしたの?」と声をかけてきてくれたので事情を説明。

「大丈夫よ!下のレストランに行けばいいわよ!ちょっと待って。」

と言ってくれたのですが、受付から戻ると、

「ごめんなさい…ちょっとむずかしいみたい」との答えが。

愛想がなく威圧的だった受付の人ががオッケーを出さなかったみたいです。

エグゼクティブラウンジに入って一口も食べてなかったんですけどね。

コチラのミスとはいえ、なんだかなあという感じでした。

それ以外はものすごく素晴らしいホテルだったのですけどね。

というわけで、エグゼクティブラウンジ利用可能でも、朝食はレストランで取ることをオススメします!